”肥満”の基準とは

その人の性別、年齢、体格から考えて、体内に過剰に脂肪が蓄積されている状態を「肥満」と呼びます。これまでコラムを読んでいただいた皆様にはもう周知のことと思います。

さらに体型管理やダイエットに興味を持っている方なら、BMIという言葉を聞いたことがあるでしょう。日本肥満学会が定めていて、肥満かどうかを判定する基準のことで「体格指数」と和訳されます。体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出され、25以上が肥満、18.5未満がやせとなります。ただ、これまでコラムの中心的話題だった体脂肪について何も触れられていないのがBMIの欠点。筋肉量を増やす運動をしている男性の場合は、筋肉で体重が重くなっているため、BMIが高く出る場合がありますが、だからといって肥満であるとは言えませんよね。男性であれば25%以上、女性であれば30%以上体脂肪があると肥満と呼ばれる体脂肪率の基準ですが、前述のとおりこのBMIには、この体脂肪率がいくらであるとか、ウエストが何センチであるかなどは考慮されていません。実際に医師による肥満かどうかの判定基準でも、BMIだけの数字ではなく体脂肪率や体格、肥満による健康障害などを総合的に鑑みた上で肥満と定義付けられているのです。

これまであげた肥満の基準は国際的なもの、公的なものですが、もう一つ私たちがいつも気にしてるのは個人的な肥満の基準。数値的には痩せてても自分では痩せてるとは思えない…自分の今の体型に満足できない…。そんな人はたくさんいるでしょうし、誰にだってコンプレックスはあるものです。自分の理想とする体型を常に目標として持っているのはとても良いこと。ただ、健康的な体を維持するために痩せすぎには十分注意してボディメイキングに励みましょうね