梅雨時期の我が家のタンス事情

今年中学に進学した娘は、制服の可愛らしさから今の中学校を選んだ。無事にその学校から合格をもらえ、毎日お気に入りの制服に身を包んで登校しているが、もうすぐ衣替えシーズンがやってくる。夏服はゴールデンウィーク明けに宅配便で届けられたが、冬服と同じサイズで全アイテムをオーダーしたため、スカートのみ、サイズ交換を申し出た。採寸時より少し痩せてしまったためかスカートのウエストがゆるく、冬のスカートは入学式に間に合わなくなるので交換を諦め、私が手直ししたのだが、やはりウエスト部分がもたつくため、夏のスカートは交換してもらうのだ。

娘は週の6日は制服で過ごし、週末は家で部屋着で過ごすことが多いので楽だが、私や夫は、衣替えのシーズンに毎年ちょっと頭を悩ませる。夫はサラリーマンだが研修の時くらいしかスーツは着用せず、いつもは普段着で通勤している。私も主婦だし、特にファッションセンスに自信もない。去年の今頃はどんな服を着ていたか思い出せず、梅雨時期は特に、肌寒くなったり蒸し暑くなったりするので微調整が難しく、毎朝着て過ごす服を選ぶことに悩む。しかもずぼらな私は冬服と夏服をしっかり区別して収納などしていない。タンスの引き出しをあけ、上から目に付いたものを適当に着用してしばらくそれを着まわすので、少しずつ引き出しの奥に存在すら忘れてしまった服がたまってくるのだ。また、タンスの上や使っていない椅子の上には、ルーティーンで着用する服が何枚か、山積みになっている。

断捨離という言葉を耳にして久しいが、そろそろ我が家でも、断捨離の精神で身の回りを綺麗さっぱり整頓し、自分自身を見つめ直す良い機会かもしれない。